2011年10月29日

アンドロメダからの手紙 宇宙考 V アルクチュールス人

ANDROMEADAN SUPPORT

アンドロメダからの手紙 
http://www.bibliotecapleyades.net/andromeda/lfa/lfa.html


宇宙 考 V(1996年)
http://www.bibliotecapleyades.net/andromeda/lfa/v2n2universe.html
Thoughts on the Nature of the Universe Alex Collies Aoril 1996

アルクチュールス人


この人たちは、アルクチュールス星座に入植しました。この人たちは、非常にプライベートで、地球に関連する事に関して、特殊な理由があります。 彼らは自分のことをヒーラーだと思っています。



 彼らは、肉体、感情体とスピリチャル体のヒーリングに関してはとてもプライドを持っています。 彼らは、宇宙の我々の場所で、かって非常に深刻な衝突があったときにこの問題を、彼らの信心と思いで、解決したことがあります。彼らは非常に静かで自分たちでいます。彼らは、私たちの宇宙で全体的な意識レベルを上昇させるのに貢献しています。


Arcturus_by_arisechicken117.png
http://arisechicken117.deviantart.com/art/Arcturus-153704866


arct.jpg
http://www.etfriends.com/conference/words.html

HexagramArcturianGratitudesign_jpg.jpg
400_1217491320_space2.jpg
http://1.bp.blogspot.com/_BneU1vgKISQ/Su7IoNWoVBI/AAAAAAAAAIE/5JswzQmB9gQ/s320/HexagramArcturianGratitudesign.jpg.jpg


arcturians.jpg

http://www.ditrianum.org/english/Channelings/arcturians.htm

Arcturian.jpg

http://api.ning.com/files/h4dIOCgKcHilD2KwmsFkVGAM1MhM29QO*Km35dccs*rAfCh-MsOiNu6t4Q6S3IbCk2YQ8RaclxhCLygVdQznYuTfh0E6dFE0/Arcturian.jpg
posted by tamioblog at 10:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

アンドロメダからの手紙 宇宙 考 IV プレアデスの歴史

ANDROMEADAN SUPPORT

アンドロメダからの手紙 
http://www.bibliotecapleyades.net/andromeda/lfa/lfa.html


宇宙 考 IV(1996年)
http://www.bibliotecapleyades.net/andromeda/lfa/v2n2universe.html
Thoughts on the Nature of the Universe Alex Collies Aoril 1996

プレアデスの歴史
プレアデス人はリラ人から進化
プレアデス人は地球人の祖先
プレアデス人は、8万年前から地球に入植
リラ人プレアデス人はタミル語を話す。



プレアデス人―
7人の姉妹(昴星座)
の人類は、リラから進化しました彼らは、有効な武器を開発したので、オリオン戦争を生き延びその後も生き延びました。プレアデス人は、地球に来たリラ人で、その後プレアデスにいったと言われています。 リラ人のアルグループは、リラと地球をある時期植民地化していました。リラ人の大多数のグループは、オリオン戦争の時、昴星座に行きました。



seven-sisters-3.jpg

 
セブンシスターズ(昴)





プレアデス人は、遠くに住んでいる最初の従兄弟で、私たちのある人種のずっと先祖でもあります。プレアデス人は、宇宙の基地リラ即ちアークから来たリア人の子孫でもあります。

リラ人はおそらく、科学者、技術者、農業の専門家でできた、スカウトチームを、居住の可能性のある惑星にの表面を探検し、探索し、それらを母船にもって帰ったと思われます。それぞれの惑星はそれぞれも個性にあわせて探索されます。 その結果、植民地化され、居住するようになります。 プレアデスは、このようにして、私たちと、私たちの民族に興味があります。


彼らは、少なくも79,743 年前から(1996年の時点)から、地球を絶え間なく訪れ大勢入植しています。彼らは、我々の歴史にずっと係り続けています。我々はいろんな意味で似ていますが、現在は彼らは、感情的にもスピリチャル的にも私たちより進化しています。 しかし彼ら自身、たわしたちが経験しているような、進化のための痛みを通過してきました。彼らは、彼らの経験を私たちに有効に利用してもらいたいと思っています。 従って、私たちは彼らが経験したような、逆行や可能性のある破壊を経験する必要は無いと思いますが、現在十分な人数が聞いていないことも事実です。

プレアデスは、254個の星からなる、開放された主に惑星からできた、星の集合です。多くの星が若いです。 これは、雄牛座に位置しています。プレアデスと地球のアルファベットは非常に似ています。 これは、11,157年前に地球で開発され、セブンシスターに持ち帰られたからです。この書記体は、現在のアルファベットの元になったものです。




私たちが知る限る、3つのスターシステムに人類が住んでいます。 最も進んでいるのが、タイゲタTaygetaシステムですほかは、アルシオーネ サークルの、タロー システムです。殆どのプレアデス人は、我々と似ています(白人)、サイズ、形、体格、髪の毛の色。

Taygeta_orbit.jpg


彼らは、また私たちの言語を話すとき、科学や歴史を議論するときは、豊かで明瞭な話をします。私たちは、彼らの攻撃的な側面を彼らから相続しています。彼らの寿命は、我々の10倍以上あります。彼らのテクノロジーは宇宙の何処へでも、光速より早くいけます。彼らは、海の底でも作業をし、海洋を利用することができます。


 彼らは、私たちが技術を不正に使用し、科学についてスピリチャルな部分を失い、調和を失っていることについて、懸念を持っています。 彼らは、お金や、政治や、宗教が無用とし、明確に政治も、宗教もまったく同じだといっています。プレアデス人は、私たちを訪問している中で、慈悲深い民族で、私たちが、自らの惑星と自らを破壊することをもっとも心配しています。


 全ての地球の言語は、シュメール前語で、タミール語と呼ばれる。 これは、リラとプレアデスで話されている。プレアデスは、他のグループと同様に過去に地球に子孫を残してきました。 彼らは私たちを助けたいと、しかし私たちの自らの進化までは助けないと。 なぜならそうすると、民族として我々に責任を持たないといけなくなるからです。
 


彼らが言うには、私たちは、自分の未来は自分で切り開きなさいと、間違いがあれば治して、直さなければ苦しんで。

billy-meier-semjase-beamship.JPG
http://sani-valoakohti.blogspot.com/2011/01/pleiadians-human-like-extraterrestrial.html





posted by tamioblog at 12:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

アンドロメダからの手紙 宇宙考 III リラ人の歴史

 
ANDROMEADAN SUPPORT

アンドロメダからの手紙 
http://www.bibliotecapleyades.net/andromeda/lfa/lfa.html


宇宙 考 III(1996年)
http://www.bibliotecapleyades.net/andromeda/lfa/v2n2universe.html
Thoughts on the Nature of the Universe Alex Collies Aoril 1996



Lyransリラ人 リラ人(Lyrans)は、もともとアリャン人(Aryan Race)でした。アリャン人は、プレアデス(Pleiadians)とアンドロメダ(Andromedans)に残された民族です。 人間型人種は、この地域からのDNAから来ています。 古代のリラ人は、タイタン(Titan)です。 巨人のビッグフットは、リラ人の子孫です。 リラと、神の目のネブラの全ての生命は破壊されました。


star_with_eye_bowls.jpg

神の目のネブラ


 リラ人は成長して、シリウス人(Sirian、アルクチュールス人 Arcturian、アンタリア人(Antarian、プレアデス人(Pleaidian、アンドロメダ人(Andromedan、白鳥座人(Cignus、アルファ星人(Alphan,、アルファ ケンタウルス人(Alpha Centauri、射手座人 A とB Sagittarius A & B、カシオペア人(Cassiopia全て人類の進化です。高次元の王国と非常に高度に進化した宇宙においては、遺伝子的形態に基づくと、,ここリラの中ではいろいろな生命体の形態がありうることが決定されました。それは、太陽と惑星の年齢と可能性のある安定性から言ってそれが適切だからです。

人類は、時間をかけながら、進化し、エネルギーとスピリチャルな認識を惑星の文化によって、空間の拡張と重力を創造し、それによって人類は、その見返りとして、あたらに独自の民族の道筋と生命を創造して行くでしょう。 それらの変わり行く人類が、私たち自身とは、思考的に、感情的に、スピリチャル的に異なる観点のものを、実現することを許すということが重要です。

宇宙の旅行が進化すると、人類が枝分かれしるに従い、民族は、移動し、旅をし、異なる惑星のシステムに住み着きます。 人類は、他の惑星の文化に気が付くようになります。異なるっ文化が出会い成長します。 信じる仕組みは壊れるか波及します。 新しい哲学やテクノロジーが取り入れられます。 人類は成長します。

全てのリラシステム同士に非常に強いコミニュティが形成されてきました。 リラ人は、全体的には、非常に平和な人たちでした。 昔、意見が一致しなくて、光がぶつかりました。 しかし殆どは、問題が解決されました。リラ人は、彼らが移住したところの意見をまとめることを学びました。  

彼らの夫々の惑星に調和をもって住むことを学びました。 彼らは、文字道理すばらしい農業のコミュニティを開発しました。 それは、効率がいいだけでなく、数億人の人々を食べさせましたが、これは惑星自身を強力にしただけでなく、さらに豊かな環境を作りましした。 全ての生命のことに関して、リラのホーム プラネットが協力してくれるという決心をしてくれているので、その恩恵を受けましょう。
 


同時に、人生の長さはこれから平均
300-425歳になります。  これは、後ほど3倍に伸びますが、彼ははコミュニティーで働いています。 彼らは、自分自身のためには働いていません。 彼らはひとつの心臓で鼓動し、全体として情報を共有し同じ方向に動くするひとつの民族で、誰も落ちこぼないよう確認します。 
posted by tamioblog at 14:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。