2011年10月23日

アンドロメダからの手紙 グレイの謀略 II


ANDROMEADAN SUPPORT

アンドロメダからの手紙
http://www.bibliotecapleyades.net/andromeda/lfa/lfa.html

グレイの謀略 II
 http://www.bibliotecapleyades.net/andromeda/lfa/v3n1grey.html
Feb 1997 Alex Collier


ケネディの暗殺と聖骸布の謎が今明らかに
ファティマは グレイのホログラフィー
偽キリスト(クローン、ホログラフィー)の再来を計画
New World Order
人口削減計画
ポールシフト
キリスト再来




如何にに作用するか判りませんが、グレイはもはや自分たちがスピリチャルにはならないし、本質的にはならないと信じています。 彼らは、思考的に、感情的に、物理的存在として、囚われて自分を見ています。 
彼らは、実際スピリチャル的本質からまったく分離していますし、その一部でもありません。 人類は、同様にスピリチャル的なところから分離されてきました。 

あなた方は、我々がいろんなパーソナリティに分離できることを知っています。

グレイは、純粋なエゴです。

彼らは、数学のエネルギー科学については非常に理解が優れています。 ホールマン空軍基地での会議で、軍の要員の交換がありました。 我が軍は。グレイに16人の軍人を渡しグレイ本拠地のところに行く予定でした。そのとき彼らは一人二人と彼らのもの少しを残して行きました。 アンドロメダによれは、その交換で、実際に連れて行かれた人数は、109人でした。連れて行かれた人は、いまだ帰って来ません。 実際、彼らは、本拠地即ちゼーターレチクル2には行きませんでした。 彼らは、母船に連れて行かされ、更にフォーブスへ連行され実験に使われました。グレイは、NSAにウイルス テクノロジーを渡しました。 それは、軍連合体の低レベルに渡されました。 アフリカで、AIDSの実験場所を発見しました。 このウイルス テクノロジーは、NSA のウルトラ(ULTRA)の中のバイオテクノロジー部門に渡されました。 この場所は、メリーランドのフォートミッド(Fort Mead in Marylandの地下基地のNSAの部門の一つです。 この場所は、19エーカーの地下の洞穴で、非常に高い技術と、複雑なスーパーコンピューターがこの中の施設に作られています。彼らは日の光を一瞬でも見ることはありません。 この場所と、オレゴン州のフード山(Mt. Hood, Oregonは、非常に巨大な世界の、電話、テレグラム、テレックス、ファクシミリ、ラジオ、テレビ、無線通信、NORADおよび宇宙の電波を監視しています。 フード山の複合施設は、軍が、人間と宇宙人をクローンしているところです。 


どんな宇宙人か知りませんが。
歴史にちょっと戻りますと、1950年に、グレイは、ロシアとも 条約を結び、相互交換をしました。 しかしロシアは、その時点でNSAの計画に入っていましたので、この独立した条約には際しませんでした。なぜなら、グレイは米国をソ連に対立させようとしていたからです。 事実、ソ連はJFKに、キューバ危機のときに、グレイの存在を教えました。アンドロメダは、ロシアが米に宇宙人情報を渡さないと、米を攻撃するぞと脅かしていました。 それが、当時のミサイル事件です。

ロシアは、ホールマン条約を結んだ後、NSACIAがものすごい技術を開発していながら、条約を無視して、それをソ連に開示していなかったことをだんだん判ってきました。
JFKは、CIAにソ連の非難が本当かどうか3回聞きました。 核攻撃の18分前であったにも係らず、CIA2回大統領に嘘をつきました。 
ソ連は、馬鹿だと。 これで、
JFKCIA
をバラバラにしたいと思ったわけです。 これが、“闇の”政府がJFKが脅威で永久に葬らなければならないと思った重要な理由です。JFKが希望したのは、このような進んだ技術を社会一般に開放し、人類の進歩に貢献するとともに、宇宙人が今ここに存在することをアメリカ国民に知らせることでした。これが、ケネディーが民間の宇宙プログラムをアメリカと世界各国で行い、宇宙探査を実行する計画が成功した理由です。



jfk.jpg

偉大なJFK


alien_overlord.jpg

グレイに背後から見張られている大統領ー911の大統領


1953年に、人工衛星とレーダーが大きな物体が地球に向かってくることを示しました。 これは、グレイの母船でした。 このような時間旅行の宇宙船は、金星付近で1787, 1788, 1789. 1645に見られました。 金星の近くで大きな月が観測されたと。最後に報告されたのは、1767年です。         火星に、1894年 1125日、火星の一部として輝きました。         1799年に起きました。         1859826日に太陽を横切りました。 これは、Volcanと呼ばれました。 これは母船で、惑星ではありません。         1878729日、天文学者が大きくなっている惑星体を見ました。 金星の大きさで、水星と金星の間に。アンドロメダによれば、それは、プレアデスとアンドロメダの母船で、その時間に戻ったものだと。 彼らは、グレイが太陽の周りを回っているのを観察していた。         1783年、1787年、月に巨大な光体が報告。          18942月、アンドロメダによれば、ドラコニアンの翼付き母船が太陽系に入った。         189244日にも月の1/3の大きさの、ドラコニアンの母船が到来。         1912127日 200個の船隊が50マイル幅、50
マイル長さに亘って到来。 月の上に着陸。 アンドロメダによれば、アルファ ドラコニアン。


我々の宗教を信じるシステムを操作するため、500年以上にわたってグレイより、オペレーションが行われてきた。

誰も攻撃するわけではないが、このことは皆に聞いてほしい。気分が悪ければ、少し冷却してまた見てほしい。
われわれの自由意志を救世主的なイメージに妥協してみよう。 
グレイは、我々にこのような偽りの見かけに妥協しようとさせます。 
彼らは、彼らのためにいかなるカルマからも解除できます。 
変わりに、彼らは、我々にカルマを生成させます。
 このことは、実際そういった罠なのです。 信じる力のシステムは、人々をあるものが正しいと信じ込ませ騙し込むゲームの燃料となるわけです。 
意識的考えにより創造されるパワーにより、有益か否かを問わず、そのことを文字どうり発生させ、実現してしまうのです。 それが、スピリチャルの動的働きであり、それが、我々に攻撃的に使われているのです。 我々の物理的体は、アイディアまたは、信じるシステムでできています。
我々の宇宙は、アイディアと、思考のシステムでできています。密度が高く、それ自体が中に入りこんでいます。 我々は、それを自らに向けてスピリットとエ練りぎーを創造し創始します。
今私は、やりますという必要があります。 我々の、物理的物質は、アイディアの中身です(信じるシステム)。 我々の宇宙は、アイディアと、思考によりできていて、密度が高く、それ自体が内側に向かって入りこんでいます。 精神とエネルギーを創造すること、言い換えれば我々が神なのです。 
我々は、実際なんでもできるのです。

地球の、我々は、技術的に、材料的に進化するだけです。 
我々のスピリチャル的進化は、ほとんどが宇宙人により圧迫されてきて、それが、
New World Orderの為の暗黒政府により圧迫されているのです。 このようなスピリチャル真実を学ぶに際し、NSAと、世界の暗黒政府は、彼らがやろうとしてきたことは、全て水泡に帰せられるということです。アンドロメダによれば、その言葉を借りれば、「一日で水泡にきせ、されば人類は光を得よう」 もし、数十億人の人が気づき、もうこのような現実はいやだといえば、それにより設定は変わり、太陽も出方が変わります。 しかし、我々は、我々が望むものを明確にしてくださいと、それは、決断でもあるし、我々の責任のもち方でもあります。言い換えれば、我々は、我々が責任を持つものを創造してゆくのだということです。


トリノの聖骸布アンドロメダによれば、これが、宇宙人が我々の信心システムを操作し、暴虐するひとつの例です。この布包みのうえのホログラフィックなイメージは、グレイが作ったもので、救世主やメシアへの信心を強くするものです。 この信心システムは、我々がそうしろと教え続けられたので
、本当の合法的救世主と見える人に対して、喜んでパワーを捧げてしますのです。


frontnegativeimage.jpg
トリノの聖骸布


グレイは、ほんのわずかな人が、自らの進化の責任を請け負わないことを知っています。 ほとんどの人は、自分が自ら調べ、自分が自由になるためにどういう状況か調べ必要なことをやるより、どうすればいいか言われたがっています。  グレイの信心レベルでの操作について気が付くためには、第二の再来についての演技を作る計画があります。  これは、世界経済の破壊の後すぐに来ます。(もうすぐ) この存在は、生物学的にはクローンの人間です。 この人は、全ての宗教、形而上学についての情報に関する、スピリチャルの真実から全てを、刷り込んだホログラフィーによって作られます。彼は、現れ、全ての疑問に答えてくれます。彼は、特にヒンズー哲学の専門です。 これは、私は詳しく知りませんが、彼らがそう言っています。 意図は、悪魔です。 この存在は、魂がありません。 彼は、スピリットではありません。 彼は、ロボットで、クローンで、合成人間です。 グレイは、彼らの技術を使ってこんなことができます。 彼は、トリノの聖骸布のイメージの人です。反キリストは、バイブルに書かれている、悪魔の魂ではありません。 反キリストは、真実の上に真実を表現し、米国政府をこの全ての悪魔にすべく襲うことをたくらむ誰かです。これが、彼らが言ったことです。いま、その信心しシステムを 防御するためにひとつ付け加えなければなりません。1960年のバチカンは、新約聖書に14箇所の剽窃があったことを認めました。 彼らは、どれかということを拒否しました。しかし彼らは、14と言いました。これにより貴方は、所謂、福音と信じられるでしょう。 なぜなら彼らは変更したのですから。 それを書いたのは、神ではありません。 教会が変えたのです。それを認めたのです。 そんなことですよ。 みんなは、キリストが再来しないといけないと信じています。 信じてるのでそれが起きないといけないのです。皆さん、それを作らなければいけないのです。 それを起こすのです。 グレイは、上のほうで座って我々を笑ってますよ。 見ろよ、あの馬鹿どもを、と言いながら。そう信じている人たちを見てください。  グレイは、ポルトガルの、ファティマ について責任があります。 聖母マリアが現れて子供たちに話しました。 これは、イエス キリストの母である、聖母マリアのいマージをホログラフィーで映したものです。 太陽は、空から落ちて奇跡的に人を癒す計画でした。 グレイの技術を用いて、この奇跡は一応起きました。 しかし彼らは、彼らの円盤から光と音を、ある程度の人に照射して、肉体を癒しました。この地球での技術は、少なくも100年以上はあります。 しかし今は、米国では、方により禁止されています。 なぜなら効果があるからです。 そしてその色と音も禁止されています。 音が機能するのは、宇宙は、自分の中に入れ込むホログラフィック投影だからです。 全てはホログラフィーなのです、 そこにいた人の全てが、この話の間の失われた時間の間に事実としてインプリントされました。大きな母船が、太陽の前にさえぎってこれを行いました。 聖母マリアの現れたことが真実でないのは、聖書のキリストは、合成されたキャラクターを持っているからです。 寓話的神話のような。 聖母マリアも合成されたキャラクターで、それらのキャラクターは、ローマ帝国の宗教を統合するために合成されたものです。それは、派閥同士の宗教戦争を常に終わらせるために使われたわけではありません。


地球の
人口に関する状況について、グレイからNSAのウルトラ部門に話があったことをきっかけにして、1950年に所謂、ジェイソン ソサエティと呼ばれるミーティングが開かれました。 グレイは、環境についての問題に関して、少し技術的援助をするとの申し出がありました。 このことが、最初の三つの選択についてUFOの関係者の間で議論されていました。 3つの選択は、実際、現実でした。 その選択は、1,2,3,4とありました、 New Worl Orderは、大問題でした。 グレイの技術は、我々より2500年先をいっています。 暗黒政府は、この現実に関する真実を言うのを恐れていました。 なぜなら彼らは、進化や妥当されるのを恐れて、彼らに勝とうとする人たちから保身を図ろうとしました。 二つの大きな母船が海の中に隠れて、今地球の上にいます。1台は、太平洋で、赤道の下で、もう一台は、大西洋です。 彼らが誰かはわかりませんが、何しろいます。 私の感じでは、彼らは慈悲深いです。 なぜなら、政府は、第4の選択を話していました、 それは、制御されたポールシフトです。 アンドロメダは、そんなことをさせるのは、論外であるといいました。 したがって私は、慈悲深い宇宙船が、地軸の沿って錨をおろしているのだろうと。それは、私の意見です。


posted by tamioblog at 00:03| Comment(0) | 2012年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

アンドロメダからの 手紙 グレイの謀略 I

ANDROMEADAN SUPPORT

アンドロメダからの手紙
http://www.bibliotecapleyades.net/andromeda/lfa/lfa.html

グレイの謀略 I
http://www.bibliotecapleyades.net/andromeda/lfa/v3n1grey.html
Feb 1997 Alex Collier


悪魔に傅く暗黒政府の悪行
ケネディの暗殺と聖骸布の謎が今明らかに
ファティマは グレイのホログラフィー
偽キリスト(クローン、ホログラフィー)の再来を計画
人口削減しポールシフトを



グレイが、最初に世界の政府に接触したのは、1933年にドイツに接触したときである。 
しかしこれは却下された。 ドイツはすでにギザの知性に関わっていた。

hitler_meeting_with_alien1.jpg


人間の地球外生命体の背任のグループは、エジプトのギザ大地の下にヘッドコーターがある。
彼らの多くは、プレアデスです。 かれれは自分自身のことをやっています。 
アシュター、コミガル、イェホバですらグループの一部です。 
彼らは、ここに来て我々とともに神を演じてきました。
人間は、彼らをあがめてきました、なぜなら自分の力を示す技術を持っていたからです。
よくやってましたね〜。
 
Semjase by Maier.gif

プレアデス。(by Billy Meiyer)

elohim.gif

イェロヒム・ヤウエ



1930年代に、ドイツはギザの知性とコンタクトしていたので、ロケットを作り宇宙計画を始めていました。
しかし、ドイツ政府自体は、宇宙人の侵略があることを心配していたので、開発された技術は、兵器開発に使われた。
ギザの知性は、ドイツ政府に、グレイが侵略すると言いました、が実際は起きませんでした。 
音響装置、レーザー、中性子爆弾、粒子ビーム兵器、その他、などが設計されました。 
歴史的には、実際の製作はずっとあなりました。 
ギザの知性がドイツにいろいろ教えました。 
例えば、反重力とか、フリーエネルギーとか。


米国は、グレイとして知られる宇宙人種に門戸を開きました。 
1934年にワシントンで、1回のコンタクトがありました。 
正式には、米国政府の役人と接触がなされたのは、1947年です。
最初の面談は、円盤の砲撃によるついらくであった。 
即ち、ロズウエル事件についてであった。 
これで’予定より早くコンタクトが始まった。


Roswell-UFO-Crash-Coverup.jpg

 
ロズウエルの墜落があった後、米、ソ連、イギリスの最高レベルで、連携がはじまった。 
だれも本当にドイツがそこまでいっているとは思わなかった。 
ドイツは、極めて非常に、ギザ知性のことは秘密にしていた。
ロズウエル事件は、地球を守るために緊急に宇宙船を作らなければならないことになった。 
米国と、ソ連は、宇宙人の存在は、技術があまりに優れているので、脅威とがんがえた。 
しかし、グレイは、そのやり方から、背任的やり方でいつも政府の裏口から接触した。 
真の宇宙プログラムも、地下基地のプログラムも元は、ローマクラブが資金を提供した。
ご自分で調べれば、誰がそのメンバーか驚くでしょう。
月の話をするときにもっと議論します。 

gris51.jpg

Gray in Area 51 who killed miilions of Human


その前に、1850年から1950年の100年にグレイによって人間と牛の実験がなされました。
1950年に構築されたNSAは、グレイがやったことを突き止めました。


mute5.jpg



1952年に、米政府は、軍のレーダーシステムが彼らの円盤を墜落させたとき、宇宙人とのコンタクトが必要であることを意識しました。 グレイは、自らの人種の生存の為、大規模な実験が必要で、大きな規模の政治的接触が必要なことがわかっていた。
選別された政治体として、米国政府の中に、グレイと人間の間のリエゾンが秘密裏に作られた。 
軍は、進んだ技術を資源と引き換えに入手することを熱望した。 
この、リエゾン即ち、政治体は、NSA、超機密のNational Security Agencyである。 
この組織の主な目的は、宇宙人の’研究である。

1964年の5月、ホリマン空軍基地で、米国政府は、グレイ宇宙人と正式な契約書を交わした。 
この契約書の条項として、反重力、精神、合金、フリーエネルギー、人間の体の医療応用に関する技術交換である。
全てのグレイは、見返りとして、人間の感情的意識的作為法と、地球生存の方法に関する人間の研究である。 
この宇宙人との契約を行ったことは、人間の歴史の中でもっとも顕著なことであった。 
なぜなら、宇宙人種への使用人としての準備ができてないので人間には脅威だということだ。 
 
roswell_meeting.jpg


本質的に、このことが、アンドロメダ評議会と、関連した慈悲深い宇宙人が地球の進化をより積極的に行うことに介入することに、手錠をかけてしまったということです。 
このことは、人間が自ら個人の力でアセンションをしないといけないということです。 
この条約が、宇宙人と、政府そのものである、NSAの“ULTRA”部門と契約したこおで、外部からのアセンションへの援助ができなくなりました。 
我々(アンドロメダ)が先にやっておけばよかった。
いま、注意を喚起したい。 
私はこのことを始めて述べる。 
契約の原本は、
NSAの、ニューメキシコ州のカークランド空軍基地(Kirkland Air Force BaseのBlue Moonという施設で発見できるでしょう。
現在、宇宙、月、火星で使えるフリーエネルギー部品の建設が進行中です。 
宇宙人の技術の多くは、再現され、連結トンネルによって、ロス アラモス と、ロス アラモス峡谷のクリフ側の地下の場所に運ばれています。 
そこには、巨大な金庫が地球の中に建設されています。 
この施設は、2万9千平方フィートです。 
そこには、光、思考と純粋なエネルギーの研究所がある。
この施設には、秘密の黒政府によって捕獲された宇宙人の監獄もある。
宇宙人と黒政府を援助している会社はスタンダードオイル、ロッキード、ノースロップ、マクドナルド ダグラス、AT&T,IT&T、A.A、マシューズ コンストラクション カンパニー、ロビンス カンパニー、ユタ マイニング カンパニー等数え切れない。


NSAは、自ら法を設定したものでなければ、いかなる法律にも従わなくて良い。 
これは、宇宙人とのかかわりから、米の憲法にも従わなくて良いし、米国人の公民権に違反しても良い。
言い方を変えれば、どんな法を犯しても良いし、どんな人を傷つけても良い。
貴方がこの組織を運営している税金を払っているとしても、彼らは、完全に独立している。
また、NSAは、宇宙人の技術を開発し、人間をコントロールするための秘密のお金を、非常に多く持っている。 
何でもできる身分である。 
CIAですら、NSAのウルトラや、ブルームーン部門のことは、わからない。


いまや、グレイは、単体だけから派生した遺伝子操作の人造人間でないことはわかった。 
地球外生命のほとんどは、遺伝子操作の人造人間である。 
なぜなら、彼らは生命体を金や銀に比べられない貴重なものと考えるからである。 
遺伝子操作の生命体や物が彼らの富である。 
ここでは、地球と、火星の月のフォボスでは、グレイによって、非常に多くの遺伝子儀実や実験が行われている。
彼らは、彼らが自らの民族を再構築できる新しい生命体を作れるための、DNAと、クリーンな遺伝子の貯蔵をするための策謀をもっている。 
現時点では、男性よりも、女性が家計の血統をついでいるので、女性の遺伝子に興味をもっている。
多くの人種がこのようにして作られてきた。 
これは今に始まったことではなく、ずっと昔から行われてきていることです。 
2種の人種の例外を除いて、非常に少ない人種が純粋な貯蔵として残っています。 

アンドロメダ人は、彼らは非常に純粋といっています。
その例外は、アルファ ドラコニスAlpha Draconisから来たレプタリアンと、もうひとつは、エロヒム(the Elohim
と呼んでいるのは、リラ(Lyra)から生き残ってきた非常に古い人種です。 
それ以外の人種は、異なる遺伝子貯蔵の人種の混合か、ハイブリッドです。


Draconian51.jpg
DRACONIAN who eats Human

もうひとつのポイントは、グレイ自身が、オリオン帝国から自由になりたいと思っていることです。 
彼らは、我々と遺伝子を交合するか、新しい人体を作らない限り生き残るチャンスは無いということです。 
時間は、彼らにとって、どんどん過ぎてゆくし、
我々自身もものすごい勢いで進化してゆきます。 
スピリチャルの意識レベルでは、我々はドラマチックに進化してゆき、遺伝子は彼らが使えないようになってゆきますがそんな中で彼らは、明日も無いように死んでゆきます。
彼らは、そのことを良く知っています。 
従って彼らのやっていることは間違っていますが、彼ら自身非常に厳しい状況におかれているわけです。
彼らが、我々にやっていることは、彼らが彼らにやってきたことです。 
これは比較でいっているので、正当化して言っているわけではありません。 
ところで、いかなる宇宙人も子供を生むときは、地球の環境の外に連れ出します。 
これは子供が、(記憶を忘れる)ベールを持たないように、自分がだれなのかをきずかせ、転生の歴史を気づかせるためです。 
なぜでしょう。 
明らかに、もし貴方が地球環境で生まれたりすると、ベールを被せられます。 
それが地球で生まれる意味の一つです。


グレーのマスターが、現在大活躍している奴隷の人種を作るようにアジェンダを作りました。 
コントロールするため、使役を提供するため、セッックスを提供するため。 
今これを説明します。 
食料供給、戦争、怒り、サイキックエネルギー。
遺伝子実験、食料としてのハイブリッド、遺伝子と生物の素材の行動。
グレイとそのマスターは、これら、すなわちわれわれのエネルギー、を食べています。
例えば、もし二人の人間が戦っていれば、彼らは非常に多くの感情的なネガティブなエネルギーを発生させます。
 
それで、戦争があればいつでも、
UFOの活動が起きます。 
ネガティブエネルギー! それこそまさに彼らが食べているものです
 
貴方が、貴方の彼氏とか、ワイフとかセックスするとき、慈悲深い気持ちで、お感じ場所で、同じときお互いに接触します。 
そんな形で、彼らは、ネガティブなエネルギーを発生させることを、セックスのように快感として感じるわけです。
恐れのエネルギー、アドレナリンの噴出、若者が戦場で恐怖におののき走り回る、全てのネガティブな感情の観点、これが彼らが渇望することなのです。

彼らは、人間の脳と、魂の能力を非常に研究してきました。 
多くの人が、グレイにインプラントされています。 
気づいている人も、気づかない人も、この事実を直視しないといけません。 
これらのインプラントされた人は、機械化されていて、何かを見せられ、何かをするように訓練されています。

アンドロメダ人によれば、グレイは我々をドラコニアン(マスターの一人)が来たときに、それに対して戦争するように訓練しています。 
なぜなら、彼らは、我々を兵隊として使うからです。 
丁度、我々の軍隊が歩兵や海兵隊を送るとき、このようなインプラントされた人は、海岸の最初にいる人です。 
そんな時、グレイは、船のなかで、後部に座ってシャンペンを飲んだり、酒など酌み交わしているわけです。

彼らは、我々の世界を戦場として選んだわけです。
 
同時に、彼らは地球の新しい所有者としての準備をします。 
明らかにグレイは、このような試みをします。 
しかし、不可避的な事実は、アルファ ドラコニスもレプタリアンは、今こちらに向かっています。 
これは非常に深刻な暗示をもたらします。 
今、正直言って恐怖を宣伝するためにここにいるわけではないのです。
 
私はそのことを信じているわけではないのです。
しかし私は、言われたことをいっているのですが、今大事なことは、このことを良く知った上で、

LOVE
の空間を作ることです。 
友人よ。それが最低限のなすべきことです。
 
LOVE
の空間を作ることで、グレイ、ドラコニアン、オリオン星人は、このバイブレーションを扱えません。 

彼らは、去らなければなりません。 
そうしなければ、深刻な介入が始まり、ここに、聖書に予言されたような戦争が始まります。 
それは我々を助けることに関してなのです。 
アシュター(
ASHTARがここに助けに来るということをいっているのです。

紳士淑女の皆さん、そうは’なりませんよ。 
それは別の信心のシステムです。
司令官、ハットンはどうですか? 
彼はあなた方を火星に連れて行ってくれるといってますよ。 余計なお世話です。 
だれもそんなとこ行きたくないですよ。 そんなことは起きません。 
あなた方が自らは何もせず、救世主をまっているなら誰もあなた方を助けないとアンドロメダの人が
言っています。


だれがあなた方を円盤に持ち上げにくるんですか? 
何しに?
 
貴方はいつか再び同じようなことをやるんでしょうね?  
もし貴方が、自分自身の救世主になれるほど進化していなければ、即ち、あなた自身のメシアに、貴方はあなたの人生を勉強しては来なかったですね。
これが、アンドロメダの最も強いメッセージです。 
自分でやらなければなりません。 

貴方に責任をもてるのは、あなた自身です。

だれも貴方を持ち上げません。
事実、もし彼らが、我々のために介入したとすると、彼らは、ベビーシッターのように面倒は見ないでしょうね。
これは、我々が正さないといけないことです。 

我々は人種として、一種にどのように生き残るか、そのために何をするか一緒に考えねばなりません。
どうやって子供を育てるのでしょう?道徳は? 法律は? 誰かに言われるのではなく、何が我々にベストなのかを考えよう。 
仲間よ! 今まで何もしなかったとしても、いまからしようじゃないか。 

奴隷として生きるよりも人は死を選ぶだろう。 
それが我々の自然な姿であり、我々の魂を自由にすべきである
。 

いま、また論点に来ました。 
何を選択しますか?



グレイは、現在インプラントした人の脳波を測定しています。
彼らはこれを数百年続けています。
従って、家族の数世代にわたってインプラントされています。 
人間のクローンと、その変化種については
NSA
に報告されています。
アンドロメダの情報では、
NSAの中でグレイとの最も高いレベルのやりとりに関して、クローン人間と非常に多くのインプラントを焼かれた人の報告があります。
クローン人間やインプラント人間は、人間のことはもはや考えていません。




Inplant      

らは、グレイの心と一体化しています。
彼らは自由意志を失っています。 
彼らはクローンロボットです。
彼らの魂は囚われ、もはやひとの心がわかる人間ではなくなっています。
グレイは、自らの人種をクローンして奴隷として扱います。 丁度蟻のように。 
彼らは、同じものを同じ時間に考えます。 
彼らの心は、ラジオのようです。 
もしラジオの波動がなければ、何もしません。 
彼らは、ラジオのような波動を放送するコンピューターを持っています。
仕事が何かと指示し、何を遂行するかを指示します。 
彼らのグループの心を示すコンピューターが、遮断されれば、もはや自分で何をしていいか分からなくなります。

彼らは、我々のように作りたくとも、我々のように個人的な知性はありません。 

グレイは、我々が自分自身の考えで、我々が神というものを考慮します。

彼らには、スピリチャル的本質はまったくありません。 
随分昔に彼らの物理的存在と個性は、
純粋なエゴになりました。 
ドラコニアンは、純粋なエゴです。 
同様に、ドラコニアンにとって換わられた人種は、自らの本質から分離されています.


posted by tamioblog at 19:36| Comment(0) | 2012年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンドロメダからの手紙 アヌナキの改心

ANDROMEADAN SUPPORT

アンドロメダからの手紙
http://www.bibliotecapleyades.net/andromeda/lfa/lfa.html

アヌナキの改心
1996 Alex Collier

地球の秘密結社を支配してきたアヌナキが、光の側に動いた。
秘密結社や、影の政府から技術者を引き上げた。
秘密結社と、影の政府が弱まった。


アヌナキは、銀河連盟から一時離れたがまた戻った。


<注:@ このレポートは、2000年以前のもので、当時、一時的に、レプタリアン・グレイと、アンドロメダの間で、終戦協定が成立したときのものであるが、その後また、戦いが始まり、現在は、レプ・グレは、負けた。
A光の銀河連邦(シリウスB)、は、アンドロメダの銀河連邦(鯨座、白鳥座、アルクチュールス、シリウスA)とは、異なり現在レプタリアンに支配荒れている。>

銀河連盟は、最近まで同じぐらいパワーのある、「アンカラ同盟」にひどく反発されていた。 アヌナキは、レプタリアンの子分として、地球を13,000年にわたって支配してきたが、レプタリアンから寝返ったわけだが、アヌナキは、米国と世界の覇権をあらそう悪の秘密結社である。(現在は、米ブッシュ秘密結社対、欧州秘密結社の覇権争いである。)
アヌナキは、1994年に銀河連盟にアンカラ同盟が寝返ったときに同様に寝返った。これで地球の秘密結社へのサポートをやめることとなった。 これは彼らにはショックで、恐怖であった。
Galactic Federation of Light
は、銀河全体で"Path of Light". を教条にしてメンバーシップで運営している。この連盟は、最近まで同等のパワーを持った悪の「アンカラ同盟」に反発されていた。これにおって、過去2000万年にわたり、銀河全体で数え切れない破滅的な宇宙戦争が行われてきた。
しかし、現在の銀河2千6百万年のサイクルの終わりにに際し、大きく顕著な変化があります。’悪の力’の多くは、この機会に反対勢力に移ることにしました。
彼らの非常に多くは今
"Forces of Light"
にはいり、
Galactic Federation of Lightの連盟は、最近10万から20万 スターシステムに増加しました。

アンカラ 同盟は、湯としてレプタリアン人種ででいています。もともとは、以前の宇宙から、我々の宇宙と融合したときに来ました。 彼らは、生来我々より攻撃的です。時に感情がありません。 天の川銀河全体を相続するよう創造主から全ての権利を与えられていると信じきっています。

この銀河に影響を与えているひと神聖なる見方があります。
それは、暗黒の創造主「アンカラ」の予言が気になった。我々の話の始まりに、アンカラは、巨大な数の手先を、銀河全体に凶暴にあばれまわるよう送った。

しかし、暗黒の中にも光の閃光が走った。−それがいずれは銀河の調和になる。

Annunaki.jpg
アヌナンキ


1994年の初め、アンカラのもっとも予言力のある巫女と祭祀は、暗黒の軍隊に変容(アセンション)の宣言を発した。彼らは、非常に明確に次のように偉大な真実を述べた。 終に、銀河の真実の為に、神聖な時が訪れた。
アンカラは、
Galactic Federation of Light に、永遠の平和協定を検討するように頼んだ。 永久的平和協定の条項として、彼らの地球への権利要求を放棄すると明文化した。

これらの、アンカラからの驚くべき宣言が、大きな地震のように同盟に鳴り響いた。 多くの暗黒の支配地のうちわずかばかりをのこすよう考慮した。 非常に大きな怒りが彼らの中に残り、彼らが求めて戦ってきたものを放棄するのを躊躇った。 アンカラの暗黒の同盟の中で、混乱と反逆の艦隊同士が残虐な戦いを行った。

怒りが最終的に収まったとき、銀河の真実のグループが勝利を収めた。わずかに残った暗黒の船隊は、銀河の端の方の出身地に疲れを癒すため飛んで行った。 彼らは再編成して、光のグループを攻撃すべく望んでいる。

1994年の秋に、アンカラ同盟の勝利した船隊は、
Galactic Federation of Light に特別会員として参加できるような永久条約を交渉する許可を求めた。 これには、銀河連盟に、以前の同盟が所有していた彼らの巨大な船隊を、統合するようなことを含んでいる。 以前の暗黒の軍隊は、今ここにGalactic Federation of Light が、定めた憲章を受け入れることを決めた。

ただひとつのポイントは、地球に対する主権の主張をどう放棄するのかだ。 前の同盟のメンバーは、もっとも神聖な水の世界を失いたくないので、地球に大使を永久におくことを要求した。これらの大使は、地球の人が目覚めてからしか置かない。 その当時は、地球の覚醒した社会は、
Galactic Federation of Light の完全なる会員になる予定であった。

この条約のほかの項目は、この前の同盟は、貴方方の主たる表面的な政府との幾つかの機密協定を放棄することを約束しました。 アンカラの法令が真剣であることを信じさせるために、前のアンカラのメンバーは、大使、技術者、科学者を地球から引き上げさせました。 そのあと、2年のあいだにこれらの科学者と技術者はあなたの地球をさりました。このような秘密協定があなた方の自由に与える影響は計り知れないものです。 彼らの急激な帰還は、貴方を取り巻く世界の'悪魔のなかで亀裂を生じました。

小さな亀裂は、秘密結社の支配者であるアヌナキの驚愕で突然の動きにより、大きな断絶の穴になりました。 宇宙人エリートの指導者は、突然反対側の 
Galactic Federation of Light に入りました。

今ここに、アナヌキ(新しい方向を示すため、スペルがかわった)は、今やあなた方の世界の秘密結社の裏で動く陰謀家でも、残忍で独裁的な支配者ではない。 今、アヌナキとして光に奉仕している。 彼らのエリートとしての邪悪なやり方は、貴方を虐待する悪魔たちの頭の上にぶら下がるダモクラスの剣である。

アヌナキのプログラムは、彼らの前の影響力を使って、あなた方の互いに強制しあっている秘密結社に新しい道を与える。 しかし、ゆっくり変化している間に、多くの世界の秘密結社が、慣れ親しんだ暴政で支配したいという深い欲望を維持する。 このような支配に対する悪魔的妄想は、一時的に、アヌナキの大胆な要求の前に木っ端微塵に粉砕される。 また、以前のマスターに対するあなたの地球の秘密の支配者からの異常な嘆願書がたくさん出てきます。



A sudden series of major reversals rocked the foundations of your many covert rulers.

To use a simple analogy, the interlocked secret cabals were forced to undergo some major brain surgery! The highest levels of their formerly rock-solid command structure were now in various states of chaos. Numerous elements of their global structure were engaged in an all-out, clandestine war against each other. This extremely vicious shakeup continued, in various forms, well into the first half of your year 2000.

As these many amazing transformational events work their magic and help to distract your planetary cabals, your local Spiritual Hierarchy is preparing you to become fully-conscious Beings.

posted by tamioblog at 09:12| Comment(1) | 2012年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。