2011年11月08日

テレポーテーション 米軍トップセキュリティクリアラン明日 エイリアン専門家 ボッブ ディーン

DARPA TIME TRAVEL. TELEPORTATION I

BOB DEAN

火星を米国が植民地とする、火星コロニー計画は、秘密とされていたが、1980年代の初期に、郊外の鉱山の建設のような初期の状態の米の施設に行きました。火星のジャンプルームのサポートをするインフラストラクチャーがあったとき、火星には、司令官特務曹長 ロバート ディーンにより 2009年にスペインバルセロナの欧州宇宙政治サミットで公開されたときには、米軍の施設のようなものはありませんでした。 
ロバート ディーンは、愛称では、ボブ ディーンと呼ばれますが、米軍の最高のセキュリティクリアランスをもった軍人で、1951年の朝鮮戦争、ベトナム戦争、ソ連との冷戦を経験してから、NATO軍の参謀として、宇宙からの圧倒的戦力と技術力の差を見せ付けられ、彼ら(4つのグループ)が何万年も前からわれわれを監視、愛情、さまざまな目で見てきたことがわかりました。
特に、人類が、何十万年も前に、技術的に作られた種であり、これから、主としてトランスフォーメーション(脱皮=アセンション)するのだということがわかりました。
すべての宇宙人のことをわかっている方ですね、
軍人から、脱皮して完全なスピリチャルな方です。
秘密をだいぶばらして来ましたが、何しろ実践の軍人ですから、脅迫されても脅迫したほうが怖がっていたようですね。
強い!




Bob Dean's presentation, European Exopolitics Summit, Barcelona, 25 July 2009






















posted by tamioblog at 23:06| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 2012年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テレポーテーション 火星へ 米大統領オバマ氏 1980年初期 驚愕ニュース

DARPA TIME TRAVEL. TELEPORTATION I


Reported Mars visitor Barack Obama announces
U.S. mission to Mars. April 15, 2010

米大統領オバマが火星に行ったと報告
2010年4月15日に火星探索を発表
  
DARPA/CIA テレポーテーション
火星コロニー計画
テスラ型マシン



1-250-barack_obama__announces%20us%20missionto%20mars.jpg
若いとき火星にテレポーテーションした バラキ オバマ 米大統領

1-200-Andy_profile.jpg
DARPAのタイムトラベルプロジェクトの弁護士Andrew D. Basiago


By Alfred Lambremont Webre, JD, Med
アルフレッド ランブルモント ウェブル、弁護士、医師

Two former participants in the CIA’s Mars visitation program of the early 1980’s have confirmed that U.S. President
Barack H. Obama was enrolled in their Mars training class in 1980 and was among the young Americans from the program who they later encountered on the Martian surface after reaching Mars via “jump room.”

1980年代の初期のCIA
による火星訪問プログラムに参加した、二人の参加者は、米国大統領のバラキ オバマが、1980年の火星トレーニングクラスに参加していた若いアメリカ人にまじってたことを確認した。 彼らは、後に‘ジャンピング“ルームを経由してマーシュアン面に到着した。


Andrew D. Basiago, 50, a lawyer in Washington State who served in DARPA’s time travel program Project Pegasus in the 1970’s, and fellow chrononaut William B. Stillings, 44, who was tapped by the Mars program for his technical genius, have publicly confirmed that Obama was enrolled in their Mars training class in 1980 and that each later encountered Obama during visits to rudimentary U.S. facilities on Mars that took place from 1981 to 1983.

アンドリュー バシアンゴ(50歳)氏は、1970年大の初期から、プロジェクト ペガサスという名前の、DARPAのタイムとラベルの弁護士として、ワシントン州で従事していたが、彼ともう一人、技術的天才であったので、火星プログラムに捕まった、書記のウイリアム B スティリングス(44歳)は、共に、公にオバマが1980年に火星トレーニングに参加していて、後に1981年から1983年に火星の上にあった初歩的な米国施設にいったことを確認した
T


heir astonishing revelations provide a new dimension to the controversy surrounding President Obama’s background and pose the possibility that it is an elaborate ruse to conceal Obama’s participation as a young man in the U.S. secret space program.

彼らのm驚愕の空中浮揚は、オバマ大統領のバックグラウンドにかかわる別次元の議論を呼ぶと共に、米国の機密宇宙プログラムに若者として参加したオバマの参加を隠蔽する詳細な謀略の可能性を示すものである。

Mars training class held for future Mars visitors
将来の火星訪問者のための火星トレーニングクラス
Advertisement



According to Mr. Basiago and Mr. Stillings, in Summer 1980 they attended a three-week factual seminar about Mars to prepare them for trips that were then later taken to Mars via teleportation. The course was taught by remote viewing pioneer
Major Ed Dames, who was then serving as a scientific and technical intelligence officer for the U.S. Army.  It was held at The College of the Siskiyous, a small college near Mt. Shasta in California.


バシアゴ氏と、スティリング氏によれば、1980年の夏に彼らは、3週間の火星にテレポーテションで行く目的の学部のセミナーに出席していた。 コースは、リモートヴューイングのパイオニアで、米陸軍の技術諜報将校の エド デイムズ陸軍少佐によって教えられていた。 シャスタ山近くの小さなシスキオウス大学で行われた.


They state that ten teenagers were enrolled in the Mars training program.  In addition to Basiago and Stillings, two of the eight other teenagers in Major Dames’ class that they can identify today were Barack Obama, who was then using the name “Barry Soetoro,” and
Regina Dugan, who Mr. Obama appointed the 19th director and first female director of the Defense Advanced Research Projects Agency (DARPA) in 2009.


彼らが言うには、10代の子供たちが火星トレーニングプログラムに参加させられた。 バシアゴとスティリングの二人に加えて、合計8人のデイムズ少佐のクラスにいて、その中に当時「バリー セオトロ」という名前を使用していて、バラキ オバマと特定できる人物と、オバマが、2009年にDARPA
)の第19代所長で、女性としては最初の所長である、レジーナ ディーガンがいた。


As many as seven parents of the ten students, all with ties to the CIA, audited the class. They included Raymond F. Basiago, an engineer for
The Ralph M. Parsons Company who was the chief technical liaison between Parsons and the CIA on Tesla-based teleportation; Thomas Stillings, an operations analyst for the Lockheed Corporation who had served with the Office of Naval Intelligence; and Mr. Obama’s mother, Stanley Ann Dunham, who carried out assignments for the CIA in Kenya and Indonesia.


10人の生徒の7人の両親は、すべてCIAに関連していて、授業を監査していた。 その中には、ラルフ  Mーソンの技術者であった、レイモンド F.シアーゴもいたが、彼はパーソン社とCIAとの間のテスラ技術に元ずいたテレポーテーション技術の技術のリエゾンであった。 トーマス スティリングは、ロッキード社の作戦解析者で、海軍諜報部の事務所に勤務していた。オバマの母親の、スタンレイ アン ダンマンは, CIA
ニアとインドネシアで任務を行っていた。 


From 1981 to 1983, the young attendees then went on to teleport to Mars via a “jump room” located in a building occupied by Hughes Aircraft at 999 N. Sepulveda Boulevard in El Segundo, California, adjacent to the Los Angeles
International Airport (LAX).


1981年から1983年の間に、若い、出席者は、ロスアンゼルス空港の隣の、999 N. Sepulveda Boulevard in El Segundo, California,にある、ヒューズ エアクラフト社のビルの中にある、「ジャンピンググ ルーム」から、火星にテレポートしました。 

Obama identified as having visited Mars at least twice
オバマは、少なくも2回火星を訪問しました。


Mr. Basiago and Mr. Stillings have each issued public statements confirming that they both attended Mars training with Mr. Obama and later encountered him on Mars during separate visits.


バシアーゴ氏と、スティリング氏はそれぞれオバマ氏とともにトレーニングをし、火星に別々に行ったことを正式に公表しました

On August 21, 2011, Mr. Basiago stated:  "Something highly significant has happened, and that is that two individuals from the same Mars training class in 1980 (Basiago and Stillings) have met and are comparing experiences and are able to corroborate not only that they were on the surface of Mars together but that before reaching Mars via jump room they were trained with a group of teenagers that included the current President of the United States (Obama) and director of DARPA (Dugan)."

2011年8月21日、バシアーゴ氏は、「極めて顕著な何かことが起こりました。 それは、1980年に、同じ火星トレーニングクラスから二人の個人(バシアーゴと、スティリング)は、互いに出会い、実験を比較し、互いに協力し、ジャンピングルームにいて、それから火星の地表に乗っただけでなく、現在の米国大統領(オバマ)とDARPAデューガン)(
の所長を含む10代のグループとともにトレーニングを受けました。


Mr. Stillings’ statement, released at the same time, read:  "I can confirm that Andrew D. Basiago and Barack Obama (then using the name "Barry Soetoro") were in my Mars training course in Summer 1980 and that during the time period 1981 to 1983, I encountered Andy, Courtney M. Hunt of the CIA, and other Americans on the surface of Mars after reaching Mars via the "jump room" in El Segundo, California.


スティリング氏の供述は、同時に公開されました。「私は、アンドリュー D バシアーゴ氏と、バラキ オバマ(当時 バリー ソエトロ という名前を使用)が、1980年の夏、火星トレーニングに参加し、1981年から1983年の期間に、カリフォルニア州エル セグンドのジャンピングルームを通じて、火星に到着した後、CIAのアンディ コートニュー
 ハントや火星の地上で他のアメリカ人に会いました


In a statement made Sept 20, 2011, Mr. Basiago confirmed Mr. Obama’s co-participation in the 1980 Mars training class, stating:  “Barry Soetoro, a student at Occidental College, was in my Mars training class under Major Ed Dames at The College of the Siskiyous in Weed, California in 1980. That fact has been corroborated by one of my other classmates, Brett Stillings. Two years later, when he was taller, thinner, more mature, a better listener, using the name ‘Barack Obama,’ and attending a different college, Columbia University, we crossed paths again in Los Angeles and I didn't recognize him as the person that I had been trained with in the Mars program and encountered on the surface of Mars. In fact, doing so would have been virtually impossible in any case, because measures had been taken to block our later memories of Mars shortly after we completed our training in 1980.


2011年9月20日に行われた発表によれば、バシアゴ氏は、オバマ氏は1980年の火星トレーニングクラスに共に出席していたことを確認しました。「バリー ソエテリオは、オシデンタル カレッジの生徒ですが、1980年に、カリフォルニア ユードにあるシスクオス カレッジのデイムス少佐の指導のもとの火星トレーニングクラスに参加しました。 ブレット スティリングは、2年後に、ずっと背が高くなり、やせて、より
大人になって、人の話をよく聞くようになった、「バラク オバマ」という名前を使っていた、別の大学に行っているすなわちコロンビア大学に行っているクラスメイトにあった。 私は、そこで彼が火星トレーニングを共に学び火星表面にいった人だとは気がつきませんでした。 実際、気がつくことは実際不可能かもしれなかったでしょう。 いずれにしても、1980年のトレーニングの後は、火星の記憶はすぐにブロックするような方法が採られたからです。


Mr. Basiago states that during one of his trips to Mars via “jump room” that took place from 1981 to 1983, he was sitting on a wall beneath an arching roof that covered one of the “jump room” facilities as he watched Mr. Obama walk back to the jump room from across the Martian terrain. When Mr. Obama walked past him and Mr. Basiago acknowledged him, Mr. Obama stated, with some sense of fatalism:  “Now we’re here!”


バシアゴ氏によれば、1981年から1983年の「ジャンプ ルーム」から火星にいった期間の間に、彼は、「ジャンピング ルーム」の施設を覆うアーチ型の屋根の下の壁にくっついて座っていましたがそのときオバマ氏が、火星の拠点からジャンピング ルームに歩いて戻ってくるところを見ていました。 オバマ氏が歩いて彼の横を通過したところ、バシアゴ氏はオバマ氏を確認しました。 オバマ氏は、運命的な言い方で、「ここに来たんだ」と述べました。


Mr. Stillings states that during one of his visits to Mars, he walked out of the “jump room” facility and encountered Mr. Obama standing beside the facility by himself staring vacantly into a ravine located adjacent to the facility.


スティリング氏は、火星に何度か彼が行った期間に、彼が、「ジャンピング ルーム」から出てくるときに、よくオバマ氏が、一人で施設のそばに立っていて、施設に隣接した山間を空しくじっと見ていました
 


Mr. Basiago thinks that it is virtually certain that Ms. Dugan also went to Mars, because he once encountered her at the building in El Segundo where the “jump room” to Mars was located as he was entering the building to jump to Mars and she was exiting it. “I know you!” she said, greeting him as she passed him in the lobby of the building.


バシアゴ氏は、デューガン女史が実際には火星にいったと思っている。 なぜなら、彼は彼女と、火星への「ジャンピング ルーム」の‘あるエルセグンドのビルで出会ったからだ。 そのとき彼が、火星にジャンプするそのビルに入ったとき、彼女は興奮していて、「穴とのことは、知っているは」と彼女は言って、ビルのロビーですれ違ったときに挨拶しました。 

Strangers in a Strange Land

不思議なところに不思議な人

Basiago, Obama, Stillings, and Dugan went to Mars at a time when the U.S. presence on Mars was only just beginning but many had already gone.

ビシアゴ、オバマ、スティリングスと、ヂューガンは、米国が火星にいくことがちょうど始まったばかりだが、すでに行われていた時から、火星に行きました。

Mr. Basiago states that in the early 1980’s, when they went, the U.S. facilities on Mars were rudimentary and resembled the construction phase of a rural mining project.    While there was some infrastructure supporting the jump rooms on Mars, there were no base-like buildings like the U.S. base on Mars first revealed publicly by Command Sgt. Major Robert Dean at the European Exopolitics Summit
in Barcelona, Spain in 2009.

バシアゴ氏は、1980年代の初期に、郊外の鉱山の建設のような初期の状態の米の施設に行きました。火星のジャンプルームのサポートをするインフラストラクチャーがあったとき、火星には、司令官特務曹長 ロバート ディーンにより 2009年にスペインバルセロナの欧州宇宙政治サミットで公開されたときには、米軍の施設のようなものはありませんでした。
 

The primitive conditions that they encountered on Mars might explain the high level of danger involved. Mr. Basiago and Mr. Stillings agree that Major Dames stated during their training class at The College of the Siskiyous in 1980:  “Of the 97,000 individuals that we have thus far sent to Mars, only 7,000 have survived there after five years.

火星の初歩的な問題は、バシアゴ氏もスチリング氏も同意しなすが、曹長ディーンが1980年にシスキオス カレッジの授業で述べた、火星が非常に危険なところということでした。 
火星に送られた97,000人のうち、5年後に7,000人しか生き残れなかったことです。

In light of these risks, prior to going to Mars, Mr. Basiago received additional training from Mr. Hunt. Hunt, a career CIA officer, showed Mr. Basiago how to operate the respiration device that he would wear only during his first jump to Mars in July 1981, provided him with a weapon to protect himself on Mars, and took him to the Lockheed facility in Burbank, California for training in avoiding predators on the Martian surface.

これらのリスクを考え、火星に行く前に、バシアーゴ氏は、ハント氏からの追加のトレーニングを受けました。 ハント氏はCIA
のキャリア将校で、バシアゴ氏に、1981年の7月ですが、最初の火星へのジャンプの時だけ使用する呼吸器をどう扱うかとうことを示しました。あおして、火星上で彼を守る兵器を渡し、カイフォルニアのバーバンクのロキードの施設に連れて行き、火星の表面で略奪を回避するためのトレーニングをしてくれました。

When they then first teleported to Mars in Summer 1981, the young Mars visitors confronted the situation that Major Dames had covered at length during the class the previous summer – that one of their principal concerns on Mars would be to avoid being devoured by one of the predator species on the Martian surface, some of which they would be able to evade, and some of which were impossible to evade if encountered.

 
1981年の夏に火星に最初にテレポートしたとき、若い火星への訪問者は、曹長デイムスが、1年前の夏から長時間の授業をした本質的危惧に関してですが、火星の表面での略奪種から食われないようにすることで、あるものは切り抜けられるが、他のものは、出会ったら最後逃げられない。

The Mars program was launched, Basiago and Stillings were told, to establish a defense regime protecting the Earth from threats from space and, by sending civilians, to establish a legal basis for the U.S. to assert a claim of territorial sovereignty over Mars.  In furtherance of these goals and the expectation that human beings from Earth would begin visiting Mars in greater numbers, their mission was to acclimate Martian humanoids and animals to their presence or, as Major Dames stated during their training near Mt. Shasta in 1980: “Simply put, your task is to be seen and not eaten.

バシアゴち、スティリングは、火星のプログラムが始まったと告げられた。 宇宙からの脅威を除かなければならない。 一般人を送り込み、米国が法的に火星のうえに領土を主張できるようにする。 未来には、地球からの大勢の人類が火星に訪問するようになり、使命としては、火星の人類と動物を風土になじませると、曹長デイムズは、19080年のシャスタ山近くでの、トレーニングの時に述べました。単純に言えば、見つかって食べられないようにすることです。


It is not known whether NASA-JPL, which is located in Pasadena, California, had a hand in selecting the young people for their dangerous interplanetary mission to Mars, but it is conspicuous that all four had Pasadena, California connections.

カリフォルニアのパサディアにあるNASA-JPL
が、火星への危険な使命のための若者を選別したのではないかということはわからないが、関連した4つの組織がすべてパサネダにあるのは、陰謀的である。

Mr. Basiago was the son of an engineer for The Ralph M. Parsons Company, which is headquartered in Pasadena. Mr. Stillings was residing in La Canada, California, which is a suburb of Pasadena. Mr. Obama had just completed a year of undergraduate studies at Occidental College in Eagle Rock, California, near Pasadena. Ms. Dugan was attending the California Institute of Technology,
which is located in Pasadena.

バシアゴ氏は、ラルフ パアソン カンパニーの技術者の息子ですが、その会社のヘッドコーターは、パサネダにあります。 シティリング氏はmカリフォルニアのラ キャナダに住んでいますが、パサネダの郊外です。 オバマ氏は、パサネダ近くのカリフォルニア州のイーグルロックにあるオシデンタル カレッジの学部を卒業したばかりでした。 ヂューガン嬢は、パサネダにあるカルフォルニア工科大学に通っていました。


1980: U.S. secret Mars teleportation program and rudimentary facilities on Mars

1980年 米秘密テレポーテションプログラムと、火星上の開拓施設

The firsthand, eyewitness testimony of Mr. Basiago and Mr. Stillings as to the existence of a secret U.S. presence on Mars that is made possible by a revolutionary “jump room” technology that has been concealed from the public is congruent with similar accounts given by three other Mars whistle blowers:

最初に、バシアーゴ氏とスティリング氏の火星上の秘密の米の存在名冠する、目撃証言は、革命的な、「ジャンプ ルーム」技術が、公から封印されてきましたが、同様なことが三人が火星について警告している。


(1) Former U.S. serviceman
Michael Relfe, who spent 20 years as a member of the permanent security staff of a U.S. facility on Mars; 

20年間火星の施設の永久警備として働いていた、以前米のサービスマンであったミカエル レルフ

(2) Former Department of Defense (DoD) scientist Arthur Neumann, who has testified publicly that he teleported to a U.S. facility on Mars for DoD project meetings; and
 

DoDプロジェクトの打ち合わせのために火星上の施設へテレポートしたことについて公に証言した以前、国防省DoD
)の科学者であったオーサー ニューマン

(3) Laura Magdalene Eisenhower, great-granddaughter of U.S. President Dwight D. Eisenhower, who in 2007 refused a covert attempt to recruit her into what was described to her as a secret U.S. colony on Mars
.

極秘火星コロニー計画に、勧誘されて、2007年に拒否したアイゼンハワー大統領の ひひ孫である、ローラ マグダレン アイゼンハワー
 

Mars researchers, including physicist David Wilcock
, estimate that as a result of the “jump room” technology that Relfe, Basiago, Neumann, and Stillings have described, the U.S. colony on Mars that Eisenhower was invited to join might number 500,000 individuals.

物理学者デイビッド ウイルコックを含む火星の研究者は、レルフェ、バシアゴ、ニューマン、スチリングが述べて、アイゼンハワーが招待された火星のコロニーの人数は、50万人の個人が招待されていると推定している
posted by tamioblog at 16:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。