2012年08月09日

メキシコ政府 UFOタブレット公開

posted by tamioblog at 05:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月05日

白い光の霊団 徐福日本移住の真実

白い光の霊団へのチャネリング
徐福日本移民 

チャネラー:  白光大阿闍梨 O 
ヒプノセラピスト:  サーシャ M 
 さには: アイアンマン

日:2012年8月3日 
場所:富士山近傍


 

M: 徐福について質問させていただきます。 徐福は日本の民族の祖先で神武天皇と関わりがありますか?

O:ない。徐福は徐福じゃ。

M:では徐福は始皇帝により、不老不死の薬を求めて 若者3000人をつれて日本に来ましたか?

O: 不老不死の薬を求めて出国したと伝えられておるが、わしは命をかけて3000のものとともに失敗を幾度も重ねて出国したのじゃ。 国をでたのじゃ。 厳し世の中だった。 国を出なければ殺される運命だった。 安らぎのある地を求めて 縁のあるエネルギーに導かれ出国したのじゃ。 ただただ一心に信心を行った。

M;では 何故日本を目指したのですか?

O: 先ほども申したが 縁のあるエネルギーに 魂に導かれ 火をふく山の そのふもとに 出国し 失敗に 失敗を重ねて しかし それでも出国しなければならなかった。 しかし 最後に出国することができた。 危ないところだった。 

M:では 出国してから 殿くらいの期間で目的地に着きましたか?

O: 多くの船が嵐に会い バラバラになった。 沈没した船もあった。 然し 最後まで望みを捨てることは我にはできなかった。 バラバラになってしまったものはたものはすべて わしの責任じゃ。 許してくれ。 はあ 許してくれ(涙)。 

M: 徐福とユダヤ人の関係を教えていただけますか?

O: そのように言われたものはいる。 私は 其の方を裏切ったのっじゃ。 目の鋭い 先を読む力があった方じゃ。 其の方をわしは欺いた。 怖かった。 然し わしはそれでも実行した。 その人こそ その人こそ 多くの人々を惨殺した「始皇帝」と言われた方じゃ。 其の方の一族は 紛れもなく 遠い国から来た方だった。

M: 遠い国とはどこですか?

O:イスラエルの地じゃ。

M: 徐福が日本に仏像を持ってきた理由を教えて頂けますか?

O: あの小さな仏像のことじゃな。 儂が若いとき天竺にいきいろいろな法を学んだ。 その帰り懐かしい仏像にあった。 それがその仏像のことじゃ。儂は日本に持ってきた。その当時でも その仏像は清らかな光を放っていた。 大事にしていた仏像だったがその後争いに巻き込まれ破壊された。 そして 今このとき そのエネルギーは 法隆寺の太子(聖徳太子像)様の胎内に入り秘仏として存在しておる。 しかし そのことは誰も知ることは無い。

M:その仏像はもともとどこから来たのですか?

O;儂が天竺からの帰り偶然に出会った仏像だったか そのエネルギーのもとは 過去生において縁のある仏像だった。 ただ小さな祠に鎮座していた仏像だったが 儂にははっきりとわかった。儂の過去生において大切な仏像であることが。 それで日本に持ってきたのじゃ。然しそのことは誰一人として知る者はいない。

M:その過去生とはいつの時代か教えて頂けますか?

O:あなた方もその仏像と類似している仏像をまれにみることがあろうかと思うが、その仏像のもとは 10万年前のものじゃ。 具体的に申すと 約10万年くらい前のものじゃ。 誤解の内容に申すが その仏像のことを申しているのではなく もともとの エネルギーのことを話していることを忘れないでほしい。 長い月日においては破壊されたり 地中に埋められたり 火に燃やされたり 歴史があるものじゃ。 その縁のあるもの達が 4500年ぐらい前に いまで申す中東の地で作られたものじゃ。それが 儂が持ってきた。 全て、全て 出会いだ。愛しきものに出会い それを我物にして それをわが地に持ってきて その エネルギーそのエネルギーが綿々と続き後世の物が太子様の胎内にいれた。然しそのことは誰一人知るものはいない。

M: 掌の玉は何を表しているのですか?

O:魂と言いたいところじゃが。 本当のところは、「光の根源」を表したものじゃ。「光の根源」を表しておる。しかし それを感じ取れるものはおらぬ。

M: この仏像は弥勒菩薩とは関係がありますか?

O:いや関係はない。 数々の仏像を崇拝しておったが その仏像の流れは先ほど申したこと ただそれだけじゃ。 全てが「縁」じゃ。「縁」とは、過去から 現在あり 未来にいたるまで 永遠に続くものなり。 ただ それだけじゃ。 縁のある者にとっては命よりも大切な時もあった。 救われたこともあった。 破壊されたこともあった。 争いに巻き込まれたこともあった。 その仏像ゆえに。 然し 私たちにとっては 非常に縁のある仏像だったゆえに いまでも我々はその仏像をまもっておる。

M: 徐福が来る前の日本にはアイヌ人と言われる人々が住んでいましたか?

O: 今で申す日本であるが その当時 住んでいる方も少なく 火をふく山も多くあり 水のふんふんあり。 緑の森も沢山あった。 穏やかな島だった。 しかし、一旦その島の中に入ると それはそれは危険な 人々といっていいのか? 野人って呼べばよいのか? 一族がおったことは思い出される。 

M:その人たちは純粋な日本人ですか?それとも大陸からやって来た他の民族ですか?

O: ああ、半島から来た人たちもあとで知った。然し 我々が初めてあった野人は 野蛮な者たちだった。 徐々にその島のことを知ることにより いろいろな種族が集団で暮らしていることが判った。時には戦い 時には略奪され 時には食料や豊富な知識を教えて頂いたこともあった。 とても危険な旅だった。 儂達が最初この島に流れ着いたとき最終的な地よりずっと下の所だった。
M;それは具体的にどこですか?
O:今その当時のことを思い出しどう伝えてよいのか儂も混乱しておる。 先ほどの申したが最終的目的地である火を吹く山を目指したところよりも ずっと 下の方だったことは覚えて居るが。 
M:そこは、今でいう九州にあたる場所ですか?
O:そう簡単に答えることができれば一番簡単なことである。だが、わしの意識はその当時の意識になっているゆえに 答えることができなかったが そのように答えればよいのか? 今の地を申せばよいのか? それならば そのようなことならばそれほど難しいことではない。 そのものの この肉体を持った者の知識を引き出して答えればいいのか?それならば聞いてくれ。答えよう。
M;教えて頂けますか?
O:それならば答えよう。 この者の思考を借りて話すのでよいならばそれで話そう。 
M:お願いします。
O: ああ、九州という地だった。然し 上陸はなかなかできなかった。 できなかったというよりもしなかった。 上陸すれば争いのもととなるゆえに。 食料や水は 我々が持ってきた。 大切なものと交換してもらうことができたが、極力は上陸はしなかった。 最初のころはこの島の出来事のことを考えていたが どのくらいの人が住んでいるのか一切わからなかったゆえに 舟の中で生活をしながら 火を噴く山を目指した。 時には争いに出会い、一部の人を死なせてしまったことも 儂の責任じゃ。
内乱も起きた。 この島に上陸し船の生活を嫌うものが出て その者達は我々と袂を分け この島の奥の方へ入ったものも いた。 その後 徐々に 船を火を噴く山を目指しながら 嵐のときは入り江に入り その時食料と水をもらう為に高価なものを渡し 我々は食料と水と果物を頂いた地で起きたことがある。 それは罠だった。 然し、戦いならば我々は自分を守るために如何なることもせねばならなかった。 島の者全員を殺してしまった。 我々はそれ以上の力を持つものが多くいた。 我々は鉄の刀を使った。 島の者たちは木で戦った。 木の棒で戦った。 勝てるわけがないのに鉄の刀を知らなかった。 その場を直ぐ離れ火を噴く山を目指し その入り江を離れた。長い旅だったが この島には鉄の刀がないのじゃ。 戦いを望んで来るものは石を投げ捨たり 木の棒を投げ込んだり木の棒を振り回して戦いに臨んだ。なんと無謀な野人なのかは儂には判らん。我々はほとほと疲れた。  それが あなた方がお聞きしているアイヌの方々かもしれぬ。確かに毛がモジャモジャと生えていたことは思い出すことができる。

M:その当時のアイヌの人たちに信仰はあったのですか?

O:最初は無かった。 なんと無謀な人々かと ほとほと疲れてしまったが 我々は自分を守るために相手を殺さなければならなかったが 仕方がないことだった。 そのような生活をしながらこの島に上陸しついてから火を噴く山につくまで 今でいう2-3年かかったかもしれぬ。 火を噴く山の姿を見たときは 我々の多くは涙を流しその入り江に入り 船でその地まで行こうとしたが 川底が浅く行くことができなかった。 その入り江に船を置き 歩いて火を噴く山を目指して歩いたが その時だった
その地の多くの人々が我々の所に来 我々の姿を見 戦いを望んできたが 儂は命をかけて その者達と話し合いをし 高価なものを差し上げ 和解することができた。 そして許されてその地に入ることができた。 それから我々は どんなことがあろうとも争いを避けるようにしたが 夜中に突然襲われたり それは 火の噴く山にたどり着くまでは 苦しい旅をせねばならなかった。 
然し その地に着いたとき 我々は 火の噴く山の人々に 今でも思い出すと 嬉しさと感謝の気持ちがわいてきてしまうほどの出会いがあった。 なぜならば 過去生においての古い友達が大勢いたのだった。彼らは 我々が来ることを心待ちにして知っていた。 許されて土地を分けてもらい 勿論我々もお礼に高価なものを差し上げながら 美しいところに住むことが許された。 約束された土地に来ることができた。 

M:その時の生活について具体的に教えて頂けますか?

O:その地の生活は今思っても 苦しい旅をしながら 約束された地に来ることができこのように歓迎されて その地にあった古代文字などを 私たちは中国の文字に書き換えることを許された、 これもすべて約束されていたからであった。 確かに約束された地もあった。 そこにたどり着くことができたが 出発するときは 3,000の人々がいたが この地に来たときは 500の人々だけになった。このことを 儂は悲しんだ。 すべて儂責任。  
然し 約束された地があり 儂はその地に着くことができ その地に伝わっておった 苔や石や木に記録された その地に記録された文字を中国の文字に変えることができ 儂が中心となり全てを中国の文字に変えた。 その文字は多く残っていたが一部は火に燃やされ一部しか残ってないのは事実であろう。その文字の内容は その地の長い出来事の記録であった。 その記録の内容は 儂は見て呆然とした。 なぜならば 中国の出来事と非常に似ていたからである。 一体 なぜ 中国とこの地と同じような記録が残っているのか 戸惑ったが ありもまま記録した。 

M:中国の出来事とは 具体的にどのような出来事ですか?
O:そのことは 中国の出来事の内容は 神々の出来事や 神々と人の記録が多く残っていたのに漠然とした。何故だろうと思った。 然し我々は 全てありのまま記録した。 人々の決まり事や 人々のもちものや 人々の食料や なぜそのような決まりごとが 日本のものと中国の古い記録が同じなのか判らなかったが しかし あるとき突然にわかった。 何故わかったのか? それは 人間が考えたことではなく 我々をこの地に導いた 偉大なる光が中国の古い記録として残っており この地にも残っていたということを儂は知ることができた。 似ているのではなく 同じだったのだ。 それに彼らは 私たちを暖かく迎えてくれたということも 食料や住むところも そして我々の持ってきた文化も 喜んで使ってくれたことも 全てみぎめらい 光によって満たされたのだと 知ることができた。 然しそのことを一部の者しか理解できなかった。 その自念仏は 儂が 今 この肉体を持ち声帯を借りている者が(織田氏)背負って持ってきたものじゃ(仏像)。 今思い出すと懐かしく言葉にならん。 お前はよく 頑張ってくれた。 儂の命の御使い後 儂の後を継いで 纏めてくれた。儂はこの若者に 儂はこの若者にお願いした。 儂の後継者として この者を選んだ。この者を選んだ。 仏像のことを知らせる為にすべての秘密にするために。 それが縁というものじゃ。 全て 全て 全手の過去は 今生きるためにあり 今生きておるのじゃ。 

M:徐福と白峰先生との関係は?
O:ああ 白峰氏は 徐福に 徐福の いまでいう 徐福の本体じゃ。 紛れもなく。 しかし彼の徐福は 多くの生命を持っていることは 彼も知っておる。 この声帯をかりて話しているものもその一部じゃ。分身じゃ。 分身と言っても数千体 数万体もあろう。 長い月日の中において。

posted by tamioblog at 18:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白い光の霊団 アセンション DNA 宇宙人 アセンションとET

白い光の霊団へのチャネリング
アセンションとET 

チャネラー  白光大阿闍梨 O 
誘導催眠  サーシャ M 
さには    アイアンマン
 日:2012年7月29日 
場所:富士山近傍 
 霊団の方の名前は無い。

白い光を放つ。 次元は無い。 

M:地球人は、どこの宇宙人のDNAから来ましたか? 

O:宇宙人は、すべてのエネルりギー体は宇宙に存在しているのではないのか。 其のときの状態により、人間の肉体に入っているものがあれば、動物や、植物、動物に片鱗ぎが入ることもあろう。 また、其のときによって幽体とか架空の動物といわれているアンマとか、もちろん人間に瞬間的にはいることもあろう。 オーブも宇宙のエネルギー、しかし彼らはまだ物質に入ることが許されていないエネルギーであると聞きます。あなたの隣にも宇宙人がいるかも知れません。あなた自身が宇宙人かもしれません。 宇宙人についてまだまだ話があります。 物質をはじめから持っている宇宙人も存在します。 宇宙人はいろいろな形をしております。 私が質問したいのですが、どのような宇宙人に関心がありますか? 

M:アンドロメダと、プレアデス 

O:それはあなた自身ではありませんか?あなた自身をもっともっと知ってください。あなたが宇宙人ではありませんか? 私はそう思いますが。たまたま地球の肉体にエネルギーがはいりますけども間違いなく宇宙人です。(感涙) 私がこのようにかんどうするんも懐かしからです。全ての生命体は、エネルギーは、一体なのです。 私たちの体自身が小宇宙だといわれていませんか? ただ、小、小さいだけなのです。縮小されたエネルギー、宇宙なんです。 なんら、懐かしい、、小宇宙、なんら変わりは無いと思います。 ちかじか、日本にも人間の形をしていない宇宙人と言われるものが現れます。 近々現れます。 それも複数一度に出ます。 現れます。 いやいや、数箇所に同時に現れます。 

 M:それは、UFOに乗って現れるのですか? 

O:ほあほあはおほあは、UFOも、見えるUFOも見えないUFOもあることはあなたごぞんじですな? 
M:はい
O:ま、いろいろな手段で現れます。 ま、一番多いのが見えないUFOです。元論、まだ姿を現すことのできないエネルギー体です。これが地球に来ているもののうち一番多いはずです。 あなた方もそのUFOでエネルギー体が人間の体に宿りました。もちろん、人間の魂を持っているエネルギーと、宇宙そのものから来たエネルギー新しいエネルギーと一体になって肉体を持っているのです。そうしなければ、まともな人間界のしきたりや、生きることができないでしょう。言葉のニュアンスが話をしている私も多少戸惑っております。 なぜならこの肉体を通して、声帯をかりて声を出しているからです。これを理解してください。もともと全てのエネルギー体は宇宙人です。 

M:次の宇宙人の中から地球の宇宙人をたすけるのは、その宇宙人ですか? 

O: ははははは。。 アセンションね〜。 アセンションというのは、どういう意味をさしているのですか?教えてください 

M:アセンションとは、人間の意識が変わることです・ 
O: もう、変わっているじゃないでありませんか? アセンションする必要はないと思いますけども。。 ただ、一部の国では、同じ人間を奴隷として、、生命を絶つまで、同じ同胞を差別しています。 そのような国も間違いなくあります。 しかし、日本を始め、一部の国の人々は、既に意識が浄化されてあなたが言うアセンションはすでになされているはづです。何のために、(感涙)我々人間の魂は、何万年も苦しみや(涙)悲しみを体験してきたのですか? 人殺し、殺し、殺され、つい最近までやってきたのではありませんか?そして、いまや、このような幸せが、今の世が、あるということがひとつのアセンションではありませんか? 私はそう思います。私は、(感涙)声を出して訴えたい。これがアセンションで無ければ、なんと申しますか?もうすでに永遠の命を手に入れている方がたくさんおられます。 特にこの日本は、もう数年で多くの人々が目覚め意識が瞬間的に変わるときが来るでしょう。 もうまじかです。 しかし、そのようなかたがたは、他の惑星からこられ古い魂と一体になり互いに助け合い浄化するために、苦しみや悲しみや命をかけてがんばっておられる方々がたすさんおられます。 それは、この地球に危機が迫っているからではありませんか? 多くの人々は気づかないうちにそのアセンションということを体験されています。そなたも其の一人ではありませんか? 私はそう思います。 多くの人がすでに一体となっております。 光と一体となって実践しております。 勿論、宇宙からのエネルギーも強力に来ます。 今既、既に 宇宙から宇宙のエネルギーと古い世界の地球のエネルギーが一体となり、このようのすばらしい地球が今あるのです。 しかしまだまだ一部の国ではとんでもないことをやっているが現実です。この日本では、つい最近までそのような世界でした。幸いにして日本はこのように完全とはいえませんがすばらしい意思体の集団となっております。もうすでにアセンションをされている方がたくさんおられます。 このょうな、話し方で申し訳ございません。

 M: アンドロメダ評議会という組織はありますか? あるとすればどこにありますか? 
O: 勿論あります。 ありますからあなた方も非常に関心をもっているのです。どこにあるかって?! それはあなた方の心の中にあります。遠くにもあるでしょう。 しかし、もっと身近な自分自身の心の中にあります。 いつでも行くことができます。あなたも行った事があるでしょう? いつでも行くことができます。人間は想うことですでに違う次元の世界にいます。 現実となって参ります。それにいつでも行くことができます。 特に夢とか瞑想とかそのような形で行くことが多い。 

M: トレックという方は地球のアンドロメダ評議会のだいひょうですか? 
O: 勿論あなた方がしっているように。 しかし、見ることもできづ、触ることもできづ。 いますが其の通りです。 ただ、その言葉での名前とあなたの意識での人は多少づれています。そこのところを理解してください。  

M: イエス キリストは、救世主として再来しますか? 

O しません。 いまの話ですと、イエス キリストは、2千数百年前の、いや、2千数十年前の肉体を持ったイエスキリストのことを言っています。 ですからしませんと言っています。 私が話をしようとしておりますことは、このイエスキリストの永遠体は、勿論、生命体を持ちます。 イスラエルで処刑されたイエスキリストは、再来はしません。 しかし、そのエネルギー体は、いままでもこれからも生命を持つことが当然のことだと想います。私も過去生において、イスラエルで処刑されたイエスさまを見たこともあります。そのイエス様は再来はしません。 しかし、エネルギー体は、今までもこれからも肉体を持つことは当然です。なぜならば全ての人間は平等であります。 なぜ、イエスキリストが特別なのでしょうか? 多くのひとが特別のように捕らえておりますが、全て平等です。 あのようにイエスキリストが得別の人のように、聖書や記録に書かれていますがイエスキリストは何年人間として人の世にいました? 数十年生命は持ちません、数年しか確か活動はしていないはずです。 今のようにインターネットとかテレビとか新聞とかそのような時代になぜあのように奇跡の人イエスキリストと言われていますか? それはそのイエスキリストを利用した団体グループがそのように作られたのではありませんか? また、仏陀もモーゼも同じです。 今ならば、瞬間的に情報が映像も情報も広がりますが、其の当時はありえないことでしょう。ほんの一部のほんの数名しか生命を持っていないのにだれがあのように広がるのですか? 情報が?それは計画されて徐々に広がったということがわかりますが。。それは光のひとイエスキリスト、モーゼ、仏陀様ですが、間違って伝達されていることは間違いありません。 私たちとそんなに違っていないはずです。なぜ、イエス様はマリア様から生まれたといわれていますか? そんなありえないことを話されているのだと思いませんか? 私はそう思います。しかし、魂の世界では、現実に計画されて生命を持たされたことは間違いありませんが、霊を肉体にたとえて教えているのが現実ではありませんか? お釈迦さまもまた同じです。申し訳ございません。 私はそう思います。  しかし、イエス様は偉大な方です。 イエス様も私たちと同じように苦しみ悲しみ涙を流し(感涙)脂汗を 苦しみの脂汗を流したことを知ってください。私たちとそんな変わりません。しかし、小さな分子は強かった。ただそれだけではないでしょう。苦しみは私たち以上に だったが 耐えて耐えて耐えて 最後にあのような悲しみだった。 偉大な方です。 

M: 地球上の核ミサイルは無力化されましたか? 

O: う〜ん ロシアは秘密な場所にしっかりと保存している。まだまだ嘘の報告をし確保していることは一部の人は知っているはずです。またアメリカも同じことです。一部の核兵器を解体しましたが、一部は解体しないで秘密の場所に保存しているのは一部の方は当然として知っております。 

M:全ての核ミサイルは無力化されたわけではないのですね。 
O:残念ながらされていません。なぜならば今も其の当時も上に立つ方のエネルギーがつまり 魂がどのような持ち主であるかは 其の当時の方を今検証しても解るはずです。 

M:近い将来核ミサイルが使われることはありますか? 
O:それは簡単です。 残念ながら使われます。 中東において使われます。 中東で戦争が起き、自分の国を守るために使用します。これにより地球は混乱し、多くの人々が苦しみを体験しなければなりません。 

M:それは具体的に? 
O:近いです。 
M:何時ごろですか? 
O:2年から3年の間です。これから2年から3年の間です。使う可能性が非常に高い。それゆえに使用すると話しました。何故ならば 持っているならば どうしても使うようになるでしょう。 なぜならば使用することができます。あるのに使わないということは無いでしょう。自分は自分の国がだめになる前に使うのが使う可能性があります。 

M:ワシントンの地下基地コロラド州の地下基地は破壊されイルミナティ レプタリアンは排除されましたか? 
O: (長い間) いやまだです。 今、戦っているところです。 その争いが表面化したときにアメリカの経済は完全に破壊します。 これは残念ながら 遠い時期ではありません。 

M: 今年中ですか? 
O: 1年半ぐらい。 の間に 表面化します。其のときに見えない世界での戦いが表面化したときにそのようになります。表面に現れます。この問題は、(長い間) 奥の深い 奥の深い 出来事です。 いまは 意識を向けても 最初よりも より 意思が集中しなくなります。意思が集中しなくなります。しかし アメリカも経済が表面に現れたときその戦いが いや 終わりませんね。 最後まで 終わらない戦いです。 しかし経済はだめになります。 1年半くらいの期間のあいだです。 

M:それによって世界中はどのような影響をうけますか? 
O:アメリカの経済がだめになっても中国が経済力をつけ中国を中心に地球が回るように強制的に廻るようになると思います。 

M:経済的に中国が支配するという意味ですか? 
O:今のアメリカが中国を一番警戒しているように 中国は反対するものを縛り付け一部の人々が思っていることを今より行います。勿論世界は混乱しますが 経済が混乱しても仕方が無いことであって 人間の意識を浄化するほうに多くの人が意識を向けるでしょう。それゆえに世界の意識が経済よりも 物質よりも 心 意識を向けるのは 心の安らぎや そのようなことを多くの人が 求め行うでしょう。その中心となるのが 我が日本ではありませんか。今日本は混乱していますが、日本を中心に世界がまとまるときがもう近くに来ています。

地球はこれから何次元になりますか?
まだまだ 日本は浄化されていますが 多くの国は同じ人間を奴隷として使う仕組みが社会となっているところが地球の70%から80%がまだそのような生活をしているのです。 小さい日本も平等になりましたが、まだ同じ人間を奴隷として生活しているのもこれも事実です。ですから地球がどのような次元になるとおっしゃいましたが 地球全体が 一気に全体が次元が上昇するとはまだまだできないではないでしょうか? 日本はでえきます。 心のある人々が沢山出ており 日本はできますけれども アフリカの人々も中国も北朝鮮も まだ 今の日本のようになるとは考えられません。なりません。 いずれは 必ずなるでしょう。 考えてみてください。 いまの日本でもこのようななったのはつい最近ではありませんか。人間が人間を殺したり人間を招聘して戦ったのではありませんか。小さい国です。世界には 同じ同胞を奴隷として安い賃金で労働力を買ったりまた賃金を払わないで労働させるのが当然の国が沢山あります。 どうしたら地球が一瞬のうちで浄化できるのかまだまだ時間がかかるでしょう。 
M:私たち地球人のDNAは何本になりますか? 
O: これも前の話と共通点がありますが、その人の魂の学びや今世の学びや環境やそれによって違うのではないでしょうか?もともと人間にはDNAが10-12本のDNAびある肉体があります。 人間として生きるためにかずかづの試練があるように数万年 数十万年 数百万年の一部のものを含め生きることによって変化しました。 今このときに一部の方はそれを思い出し自らは復活させている方も勿論います。 一部の方は 必ずや自分の意思の力でできます。 既にそのように12本のDNAがある方も既にいます。 それはあくまでも一部の方です。 あなたも私たちも十分の波動を上げることによりDNAが変化することも可能です。それは全体で一気にはできないことですが、それぞれの肉体を持った魂とともにDNAを変化することもされています。 それは 本来持っている生命たとして持っていたものを復活させることなのです。 多くの人々が日本を中心に本人が気がつかなくでも変化している人はいます。  

M: テレパシー テレポーテーション 空中浮揚 テレキネシス 私たちは以上のことができるようになりますか? 
O: 人間は 本来持っていました。 しかし其のことをしようとしなくなり其の力を失ってしまったのです。 勿論一部のかたは自由自在に使用できる方もおります。 それは 自分のバイブレーションを上げることによって 波動をあわせることによって だれでもできます。 できないのは自らを否定しているからではありませんか。 いまでも、本人は知らない間で使用している方は沢山居られます。  

M: レプタリアンやグレイといった宇宙人は地球からいなくなりましたか? 
O: (長い間) いや 彼らは自由自在に姿を見せたり消したりすることができるものであって。消えてはいません。 それよりもまだ姿を見せてはいませんが多くのエイリー体(エイリアン)は この地球に数百年前から来ております。 特に人里はなれた山中に来ることがあります。 

イルミナティは これから地球をしないしなくなりますか?
いや 彼らは この地球を自分のものだと思っています。 それゆえに当然として この地球に遠い遠い過去から現在も通し未来もいます。 しかし、光のエネルギーによって彼らも縮小される時がまじかに迫っています。 現在も なぜ一部の人がしっていて多くの人が知らない聞いたこともない。 それは 接触された方はイルミナティのことを忘れることができないのです。 過去や現在を含めそのような存在を否定します。 これが現実にはあります。 勿論私は否定はしません。彼らが人間を人間として 取り扱
わないときは 長い間ありました。今もあります。 しかし多くの人々はその存在すら知りません。  

M: 世界経済を支配する銀行家たちは本当に逮捕されましたか? 
O: それは明白です。 されていません。 この世の逮捕や裁判はすべての証拠がそろわなければ逮捕できません。 最初から不信と成るものは 証拠となるものは 証拠を作らないわけです。 ならば逮捕はされないでしょう。 逮捕されるのは 無防備なわからない人間が行い責任をとっているのです。  

M:私たち人間はこのような支配者から自由になれますか? 
O: 勿論なれます。それは意識を自分に向けることによって支配されません。  意識を自分に向ければどんなことがあっても 命をとられても支配はされません。 お互いに強い意志を持ち 生きねばと思います。 

M:高次元にアセンションした人は 輪廻転生から抜け出し永遠の命を手にすることができますか?
O: それは明白です。 一部の人はできますが、多くの大部分の人は不可能です。 なぜならばこの地球に生命を持つことによって多くのことが多くの学びを体験できるんです。 その多くのことを体験し 必要とされない方は輪廻の枠からはずれることができるのは アセンションが無くても可能なことです。かれらは そのような方は今までも多くはいませんが いました。 それはまもなく 人々に地位も名誉も必要としない方は そのようなことが可能です。 しかし多くの人々は まだまだ この肉体を頂いて苦しみや悲しみを体験しなければ あの世へ 次元の違う世界へ 波動の荒いこの世ならばいろいろして体験できますが 次元の違う違う世界に行ったらできないはずでしょう。 ならば必要なはずです。 しかし、その肉体を持った生命体が自分は輪廻を必要としないと強く決めた場合は それは可能なことです。多くの人々は輪廻の枠からはずれることはできないというよりも必要なのです。 でもいずれはこのシステムが変わるときが来るでしょう。 多くのエネルギーが 魂が必要としなくなったときは 多くのエネルギーが魂が輪廻の枠からはずれます。  

M:日本で起きた 3-11の地震は人工的な地震でしたか? 
O:(長い間) お答えしよう。 あのような莫大な円ルギーをどのようなエネルギーをどのようにすれば人工的にできるのか教えてもらいたい。 それは恥部の人が其の情報を知り行動したかは定かではないが莫大なエネルギーの地震と地割れと津波が そして 多くの善良な人々をあのようにするようにするとは思えません。 ならば日本よりも北朝鮮をやるのではないですか? 何故 日本をあのような目に合わせて北朝鮮をやらないのか? そのように私は思います。 それは地球が生きているがゆえにあのような現象が起こったはずです。 まだこれからも関東を含め大きな地震が地割れがあります。 それは数千年まえからの記録として 数万年数百年前からの記録として証拠がでているのではありませんか? 確かに一部の人はその情報は 知ることができた人々はいます。 しかし、それは あのような巨大なエネルギーを誘発したとは思えません。 

 M: 福島原発の爆発はイスラエルのマグナBSP社が起こしましたか? 
O: そのような情報は出ていました。 しかし、其のことも先ほどの話と共通点があり、情報を得て考えたことは事実です。行わなくてもあのようになったのは日本政府含め東京電力が未熟なゆえにあのような大きなできごととなったのです。 地震も原発の事故もある情報をある人々があるシステムにより情報を得たことは事実です。 なぜならば未来を見ることができる人々がいるからです。 そのようなかたがたがこのようなことがある このようなことをしたというえば そうなるのではありませんか。 一切はやらなかった、でも情報は流れた。 

M: 日本の富士山の爆発はありますか? もしあるとしたらそれは何時頃ですか? 
O: 残念ながら過去を含め現在も未来もマグマや火山も活動しているがゆえに起きます。 誰も知らない場所で地熱や蒸気が出ている場所があるもも事実です。 それは今始まったことではありません。 つい最近の過去にもそのようなことがありました。 富士の下のマグマは常に寝所を探しもとめて動いています。それは地球のエネルギーを吐き出そうとしている故にきっかけがあったときに そのエネルギーであるマグマは放出されるのです。 残念ながら富士は火を噴くでしょう。 噴きます。 時期は3年後のころが 3年後の春のころの確立が高いです。 しかし、未然に防ぐことも不可能ではありません。おおくの人々の意識を富士に向けることによって沈めることができます。 完全には沈めることはできませんが ずらすことはできます。なぜならば人間の意識の力を集中したときには強力なエネルギーがでます。 それが数十人 週百人 数千人 数万人のエネルギーが集中されることによって抑えることができるでしょう。 そうなってもらいたいと思うのが 不可能なことのほうが高いでしょう。 ですから3年後の 春が噴火する可能性が高いです。 いや3年後の春が噴火します。 

日本を守る宇宙人はいますか? いるとすればどの宇宙人ですか?
日本をまもる宇宙人は人間の体をしている'宇宙人が守ります。 漫画やテレビや映像に出てくるような宇宙人では決してありません。 人間の形をしている宇宙人は普通の日本人と一体となりお互いが気がつかなくとも必ず守ります。 だれが宇宙人で だれが宇宙人ではないということではなく お互いが知らず知らずのうちにお宇宙人と助け合って日本を必ずまもります。 そして日本人そのものが日本を当然のごとく守る そのような形になります。 

ウシトラの金神と呼ばれる存在は 日本を助けますか?
全てが学びであり 遠い昔の英霊体である神々が守るよりも この地球をこの日本を守ろうとしているエネルギーは多くのエネルギーの集合体が災害を最小限にくいとめようとしていることは事実です。 ウシトラの金人とは何か? それはあくまでもエネルギーの集合体のはずです。 勿論そのエネルギーも一体となり日本だけではなく この地球を最小限に食い止めようとしているのはどんなエネルギー体でも同じだと思っています。 それよりも私が気になることがあるのですが、遠い過去においてのエネルギーである聖人たちのエネルギーをひとつのエネルギーとしては捉えないで集合体のはずです。 なぜ この日本を また日本だけではなく 他の国も同じような助けようとしたり また其の反対のことをしようとしているエネルギーが存在しているのです。 それもまた学びのためであるはずです。どおなこがあろうとも 私たちがエネルギーを自分に向けることによって どんなことがあろうと 揺るぎの無いこころで生きることがかのうであると思います。

 M:今年の12月21日から23日までに何が起きますか? 

O:(長い間) その何が起きるかに対してお聞きしたいのは 日本にとってとか地球にとってのことなのか宇宙にとってのことを含めてお話すればいいのですか? 
M:はい お願いします。
 O:多くの預言者や知識人たちは 経済的にも 災害的にも大混乱が起きると予言しています。答えにはならないと思いますが そのようなことが起きるのを良しとするひとも 良しとしない人がいると思いますが、そのことは 過去にあってもあったことであり 現在もあり 未来にもあるでしょう。 しかし地球も太陽の影響により この地球も過去に体験したことの無い巨大なエネルギーが動いており災害も経済的にも 地球規模で起きます。 過去の延長で予想できないような巨大な出来事として現れるのは当然のことです。十分に心して意識を宇宙に向け災害のあっても最小限に終らせるように心がけ生きねばなりません。おきるかと おっしゃいましたが 起きます。 それは過去の延長として起きるのです。それが巨大化するだけです。全ての面で起きます。
posted by tamioblog at 16:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。