2012年01月03日

塩釜神社の初詣 復活への祈願

塩釜神社の初詣

3-11 テロからの復活



人工地震テロにより、多くの犠牲者と、経済文化を破壊した、テロ組織は、我が故郷を破壊した。 楽しかった、浜の人々の生活は、瓦礫の山と化した。 お人形や三輪車花瓶に絵や、ランドセルが山済みにされている。 俺は、マスコミや似非政治家が「瓦礫」という言葉を使いのが嫌いだ。 瓦礫という言葉には、邪魔者、早く退かせよ、という意味合いが込められている。 楽しかった生活だったものとか、不幸にさせられたという、同情や、愛情はひとかけらも感じられない。 瓦礫なのは、3-11のテロ(http://tamioblog.seesaa.net/article/233366506.html?1325569708)に加担した、米軍や、知って知らぬ振りした、未必の故意の殺人者管元総理、そして、それに従うマスコミだろう。 彼らを、未必の故意の殺人者集団として、ヘーグの国際裁判所にクラスアクションに告発しようじゃないか。 弁護士も大勢ついているし。 1012は、瓦礫人間を処理する年ではないか? 
ところで、東京湾津波を阻止するため、岩盤掘削人工地震船「地球号」の殺された15人中14人の自衛官乗り組み員がいかに愚かだったか、そして今、「地球号」にのり、
千葉房総沖で掘削中の海上自衛官が直ちに現場を離れ、投降するよう進言する。君たちは「日本人を殺すのか?!、命令した奴が誰かネットに報告しろ、いずれにしても君たちは命令に従うと殺されることは間違いないのだから。 それが日本の防衛だ。」

P1000132.JPG
2011年12月31日 宮城県亘理町荒浜

2012年1月1日 宮城県塩釜神社に、参拝した。
復興も早く、多くの人が参拝した。
復興の底力を観た。

P1000144.JPG


P1000146.JPG


P1000145.JPG


P1000155.JPG

posted by tamioblog at 14:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。